職業訓練校ってなに?何が学べるの?〜職練のなぜなぜを教えます〜

1)職業訓練校とは

雇用保険を受給している求職者を主な対象とする「公共職業訓練」と、

雇用保険を受給できない求職者を主な対象とする「求職者支援訓練」の総称です。

キャリアアップや希望する就職を実現するために、必要な職業スキルや知識を習得

することができる公的な制度です。

厚生労働省サイト引用

つまり、次の仕事に就くために、職業訓練校で学び、スキルを身につけ就職に結びやすくする学校です。

職業訓練校は基本的には無料で受講することができます。

ただし、受講費以外のテキスト代その他資格試験受験料などは自己負担となります。

教科書代はコースにもよりますが5,000円〜20,000円程度です。

長期コースは(1〜2年コースなど)授業料が発生するケースがあるので要確認

2)職業訓練校で身につくスキルは?

職業訓練校のコースには大きく分けて2つあります。

1.施設内訓練

ものづくり関係の科目が充実しております。

将来、電気工事士や施工管理者、自動車整備士として活躍したい人向けの

プログラムとなっております。

受講期間は、2ヶ月〜2年で長期的に手に職をつけて即戦力として送り出す目的です。

↓東京都の施設内訓練についてはコチラ

都立職業能力開発センター | TOKYOはたらくネット
description

2.委託訓練

東京都が主体となり、民間の教育訓練機関に委託し実施している訓練です。

情報系、医療系、サービス系、事務系などのコースがあります。

主に、専門学校や、企業が協力して訓練を実施していることが多いみたいです。

イメージだと、次の就職先で使うPCスキルの初歩を学び自信をつけて就職することを目的としています。

Word、Excelなどの事務作業や、プログラミング言語(Javaやhtml)を学び

「初学者⇨多少使える経験者」にすることが目的です。

↓東京都の委託訓練についてはコチラ

民間教育機関での職業訓練 | TOKYOはたらくネット

3)職業訓練校に行くためには?

1)まずはハローワークに求職登録
2)その後、訓練校に行きたい旨を相談する
3)希望訓練校の施設見学を予約して、実際に訓練校を見てみる
4)希望の訓練校の番号を申込書に記入しハローワークに提出
5)約1ヶ月後に合否判定が出て合格ならそのまま入学手続きを行う

不合格の場合は、次回開催の同じコースを狙うか

定員割れしているコースに再度申し込みをして入学するかになります。

ハロワの相談員に相談して次の方針を決めましょう。

4)職業訓練校に行くメリット

職業訓練校に行くメリットは、

未経験の業種にチャレンジできる。

あの仕事してみたかったけど、何も経験がないから面接落とされてしまった。

知識をつけて再挑戦したいという人も多くいます。

給付金、交通費がもらえることがある

所定の条件を満たしている方は、失業手当をもらいながら受講できます。

また、条件を満たせば失業保険の受給期間が終わっても

職業訓練校期間中は延長される場合もございます。

また、コースによっては交通費が保証されるので、

失業中の状況ではかなりありがたい制度だと思います。

詳しくはハロワで相談してみましょう!

↓ハローワークHP

ハローワークインターネットサービス - トップページ

仲間と共に勉強するのでやる気が維持できる

私は、これが一番大きいと思います。

独学で勉強できる人は、中々少ないですよね。

そんな人でも、半強制的に勉強するので

勉強するきっかけができ、それが習慣となり

勉強するのが当たり前となります。

そうなったらどんどん学びたくてしょうがなくなる人になっていますよ!

自信がつく

最初は何もしたなかったことでも、経験してできるようになれば自信がつきます。

その積み重ねで自信がつき、就活での面接の態度に活きていくはずです!

5)こんな人に向いている?こんな人に向いていない?

向いている人

・協調性のある人

訓練校は1クラス30人ほどです。

その中で、グループワークもあり、教えたり、教わったりを繰り返し成長して行きます。

その為、協調性は大事なポイントですね

・授業外で予習・復習できる人

訓練校は趣味の英会話教室やパソコン教室ではありません。

最短で就職する為に学習する学校です。

カリキュラムは恐ろしい程濃縮されています。

その為、予習・復習が必須となり、これができない人はどんどん授業に遅れて行ってしまいます。

空き時間を見つけて自主学習をすることを心がけましょう。

・最後までやり抜くことができる人

短い期間でもやり抜くことは就活でも評価されます。

そして、やり遂げたあなたには自信がついています。

訓練校を受ける前の自分より更に進化した自分になっています。

次の職場でも自信を持ってできるはずです。

向いていない人

・協調性がない人

 1クラス30人の中で、自分が追いつかないから待ってくれなど自己中心的な人は向いていません。

そんな人は趣味のPC教室などに行ってください。

時間外に講師の方や、生徒の方に聞くことはもちろんOKですが、みんな大変な中授業を受けているという考えがない人は厳しいと思います。

・自主学習ができない人

先ほど申し上げた通り、ものすごい速さでカリキュラムが進んでいきます

全てに理解することはほぼ不可能ですが、

理解する努力、予習・復習することが

・継続力がない人

職業訓練校はコースにもよりますが、

週5日普通の学校と同じくスケジュールが組まれているものも多いです。

今日は行かなくてもいいや。

面倒くさくなったので休みます。

そんな人は初めから受けない方がいいです。

また、どんな理由があろうと累計8割以上出席していないと卒業証がもらえません。

更に、カリキュラムがしっかり組まれているので、1日でも遅れをとると取り返すのはかなり厳しいでしょう。

6)職業訓練校卒業後は?

コースにもよりますが、必ずしも実施したコース関係の職業に就く訳ではありません。

私の希望しているWEBデザインコースでは約50%の方がWEB関係に就職

その他は事務や、全く違う業種に就職しているそうです。

しかし、職業訓練校で身につけた経験・知識はいずれどこかで繋がって行きます。

いろんな事情がある中、みっちりスケジュールが詰まった職業訓練校を無事卒業したあなた

自信を持って次のステップへ進めるはずです。

新しいスタートを応援しております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました